ライフステージ年齢に合わせた猫の食事

 

最近の猫人気はすさまじいものがあります。少し前まではペットと言えば犬が大多数でしたが、ここ最近は猫をペットとして飼う人の数が逆転したとか。家族の一員である愛猫の健康維持、そして長寿のためには毎日の食事に気を使ってあげる必要があります。日々年齢を重ねていく愛猫に与える食事はどのようにして選べばいいのでしょうか。

 

食事をする猫

 

オス猫とメス猫の違いとは

オス猫とメス猫には実はさまざまな違いがあります。見た目すぐに分かる違いといえば体の大きさ筋肉の付き方。オス猫の方がガッチリとしており、体重も多いと言われています。また顔つきにも変化が。重視しなければいけない栄養素にも違いがあると言われていますが、どのような栄養素なのでしょうか。
詳しくはこちら。→オス猫・メス猫の体の仕組みと必須栄養素の違い

 

子猫期(0〜1歳)にはどんな食事を与えるべきか

産まれてからたった1年間の間に成猫へと成長するという、とても重要な時期です。毎日刻々と変化する愛猫の成長ぶりを見守るのは飼い主としてとても幸せなことですが、重要な時期だからこと、しっかりと食事の管理をしてあげたいものです。この時期はどのようなキャットフードを選べば、健やかな成長に寄与することができるのでしょうか。
詳しくはこちら。→子猫期(0〜1歳)に必要な栄養とキャットフード選びのポイント

 

成猫期(1〜7歳)にはどんな食事を与えるべきか

成猫は猫の人生の中でも成熟し、もっとも充実した時期。ですがこの時期は約6年間と長く、猫にとっては20歳年を重ねることになります。成猫といっても猫によって色々な状況の変化があり、それらの変化を見極め、トラブルの起きにくいキャットフードが求められます。
詳しくはこちら。→成猫期(1〜7歳)に必要な栄養とキャットフード選びのポイント

 

老猫期(7〜約20歳)にはどんな食事を与えるべきか

7歳以降になると老猫と言われ、シニア期に入ることになります。老化を迎える愛猫に、どのような食事を与えることがベストなのか、どのような栄養素を積極的に摂らせるといいのか、愛猫の状況や生活環境などをじっくりと観察しながら判断することが大切になってきます。内臓機能も衰え始めますので、愛猫の健康をサポートしてくれるキャットフードが必要となってきます。
詳しくはこちら。→老猫期(7〜約20歳)に必要な栄養とキャットフード選びのポイント

 

不妊手術の後は肥満の可能性が高いというのは本当か

愛猫の将来のために、不妊手術を受けさせるという飼い主さんが増えているようです。さまざまな病気のリスクを減少させることができるメリットもあります。肥満は病気を誘引してしまうため、どうしても避けたいもの。愛猫の手術後の変化にどのように対応すればいいのでしょうか。
詳しくはこちら。→去勢・避妊手術後は肥満に注意

 

外飼い派と家飼い派・与える食事に違いはあるのか

以前は外で放し飼いにするという人が多かったようですが、最近では圧倒的に完全室内飼育の人が増えています。どちらにもメリットデメリットがありますが、その飼い方によって、与える食事に違いはあるのでしょうか。愛猫の健康を維持するために、どのような食事方法に気を付ければいいのでしょうか。
詳しくはこちら。→外飼いと家飼いあなたはどっち?飼い方で食事に違いが現れるのか

 

正しいおやつの与え方とは

多くの猫はおやつが大好き。おやつは飼い主さんとのコミュニケーションツールのひとつとして、とても大切なアイテムでもあります。ですが、栄養豊富な総合栄養食であるキャットフードを食べている猫がほとんどの中、おやつの食べすぎはさまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。正しいおやつの与え方、そしておやつ選びのコツとは。
詳しくはこちら。→おやつのベストな与え方と選び方のコツ

 

まとめ

 

愛猫にとって、毎日の食事はとても重要な健康維持項目のひとつです。私たち人間が毎日の食事の仕方によってはさまざまな病気を誘引してしまうのを同じで、猫にとっても食事により寿命まで変化してしまうこともあります。愛猫と少しでも長く一緒にいるために、毎日の食事、そして生活習慣などを見直し、ストレスなく健康が維持できるよう、サポートしてあげることが大切です。