正しいおやつの与え方と選び方

 

大切な家族の一員として、愛されている猫たち。飼い主さんはかわいい愛猫のため、おやつを与えます。おやつはひとつのコミュニケーションツールとして大きな役割を果たすものですが、与えすぎはあまり良くありません。愛猫の健康を維持するためにどのような与え方がベストなのでしょうか。また、種類も豊富なおやつの中からどのようにして選べばいいのか、おやつ選びのコツとは。

 

煮干し猫

 

おやつは猫に必要なのか

 

猫はおやつが大好きです。ペットたちの喜ぶ顔を見るため、飼い主さんがついついねだられるまま、おやつを与えてしまうことが多々あります。そもそも、猫やペットにおやつが必要なのでしょうか。

 

その昔、ペットたちの食事と言えば、人間が食べ残した残飯である時代がありました。このような時代の食事は栄養面に偏りがあり、摂取できる栄養素も決して十分とは言えませんでした。ですが現代の猫やペットたちが食べているのは、必要な栄養素が幅広く網羅された完全総合栄養食と言われるものがほとんどです。

 

1日数回のキャットフードで、猫が必要な栄養素のほぼすべてをカバーすることができます。そのため、栄養補給という視点でみると、猫におやつは必要ないと言えるでしょう。ですが、おやつはそれ以外の意味、役割を果たしていると言われています。

 

  • 飼い主とのコミュニケ―ションツール
  • しつけのごほうび
  • ピンポイントでの体調ケア

 

なかなか慣れてくれない猫の場合、おやつを使って飼い主との信頼関係を築くということがあります。またトイレが上手くできたとか、おりこうにお留守番ができたなどというごほうびのひとつとして、おやつを活用することもマル。中には毛玉ボールケアや不足しがちなカルシウム補給など、体調をピンポイントでケアできるおやつも登場しています。おやつは必ずしも必要なものではありませんが、愛猫との暮らしをさらに豊かにしていくということでは、大きな意味を持っているアイテムであると言えます。

 

どんなおやつを選べばいいの?

 

茹でささみ

 

ペットブームの昨今、ペットショップにはさまざまなアイテムが置いてあり、またおやつの種類もとても豊富です。どのようなおやつを購入すればいいのか迷ってしまうほどです。おやつ選びの際のポイントとして挙げられるのはこちら。

 

低カロリー

おやつは与えすぎるとすぐにカロリーオーバーしてしまい、肥満の原因になってしまいます。できるだけ低カロリーのヘルシーなおやつを選んで。

 

塩分が多くないもの

猫の食いつきがいいもの、嗜好性が高いものはもれなく、多くの塩分が入っていると言ってもいいでしょう。濃い味付けの食べ物は食欲のない時のポイントとしてたまにであれば問題ありませんが、おやつとして毎日与えていたのでは、塩分過多で病気になってしまう危険性があります。

 

添加物や保存料が入っていないもの

化学調味料などの添加物は猫にとっていいものではありません。安心安全なおやつを選んであげてください。

 

普段なかなか摂取できない栄養素が補えるもの

普段猫は高タンパク質な食事をしていますが、不足してしまう栄養素も出てきます。そんな時、それらの栄養素をピンポイントで補えるおやつはとても便利です。

 

飼い主の愛情たっぷり手作りおやつ

手づくりフードが流行している中、おやつの手作りも愛猫は喜びます。毎日の食事を手作りするのは不安だし時間もないし・・・という人でも、ちょっとしたおやつなら手作りすることができます。猫用の煮干し茹でたニンジンさつまいも蒸しささみなどがおすすめです。

 

正しいおやつの与え方とは

 

安全食材で飼い主さんの手作りおやつであったとしても、与えすぎるのは良くありません。おやつはあくまで毎日の生活のアクセントになるものであり、主役はキャットフードです。そのため、おやつを与える時はこのようなことに注意する必要があります

 

  • 食事の時間にかぶらないようにする
  • 1日1回〜2回までに抑える
  • いいことをした時のごほうびなど、おやつに意味を持たせる
  • 1日の必要摂取カロリーの1割以内にとどめる
  • 飼い主が直接食べさせる

 

まとめ

 

猫はおやつがとても大好きです。とても嗜好性の高いものが多いため、とても良く食いつきます。ですが与えすぎると肝心の食事を食べてくれなくなったり、肥満の原因になってしまったりとあまりいい影響を与えません。おやつはコミュニケーションツールのひとつとしていい役割を持っていますが、その選び方与え方がとても重要です。